スーパーカブ110にいろいろ取り付けました 1

スーパーカブ110を購入してからこれまでにやったことまとめ

  1. センターキャリアを取り付けた
  2. センターキャリアに袋状のネットを取り付けた
  3. USB電源をとりつけた
  4. スマホホルダーを取り付けた
  5. リアキャリアを取り付けた
  6. アイリス箱を取り付けた

今回は1〜4まで

センターキャリア

センターキャリアは、SP武川のセンターキャリアキットを採用した

いわゆるベトナムキャリアはもっと安いのもあるのだけど、4月くらいだと2018年モデル対応うたってるパーツがまだまだ少なかったのです。
純正コンビニフックがそのまま使えるっていってるのも採用した決め手の一つでした

センターキャリアのネット

センターキャリアのネットは、こちらもSP武川のキンチャクネットを採用

最初は普通のフックのネットを使っていたのだけど、なにげに不便だったので
センターキャリアを一度一部外してとりつけると、キャリアごと包めて落ちないから中身出し入れしたり、空にしたりしてもしまったりしなくていいので楽ちんです

USB電源

USB電源はキタコのUSB電源キット。
スマホ取り付け用にハリケーン クランプバーもとりつけ

キタコの電源キットは、専用品なので、取り付けも簡単でした
イグニッションのケーブルを抜いて、その間に電源キットのケーブル挟み込むだけでした
ばっちり電源もとれているし、キャップカバーでしっかり防水だしで満足です

スマホホルダー

スマホホルダーは、MINOURA(ミノウラ) スマートフォンホルダー [iH-520-STD]を採用

DAYTONAからでている方の着脱簡単にできるやつは、いままでハーレーでも使っていたので、最初はそれを共用してたのだけど、取り付けパイプ径が違うので、サイズ調整がめんどくさくて専用に買った
取り付けっぱなしでいられるようにこっちはリジッドにした

ケースにいれたままの iPhoneX が取り付けられるので便利

スマホを挟むホルダー部分をスマホつけないときも狭くしておかないと走行中にカタカタいうのと、レバーを引くとホルダーのロックが解除されるのだけど、最初から解除されかたが甘いのがちょっと。

でもまぁDAYTONAのほうに比べて安いので満足です

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

フォローする